ノスタルジーに浸れ!

横浜、関内周辺のグルメ、ラーメン、コンビニスイーツとレトロゲームのお話中心。たまに痛風とダイエット美容の事も

高級料理店のVIPへの対応が露骨すぎたのでご報告したい

 

私が30代の時に、どこぞの会長令嬢と3年ほど付き合った事がある。

 

 

 

f:id:yolo2019:20200128182657j:plain

 

 

その会長家族の集まり(たしか会長のお誕生日)があり、私が予約の電話を入れることになったのだ。(私自身は不参加)

 

 

 

※この記事はイニシャルを使った表現を多様しています。ご了承下さい。

 

 

一本200万のワインが置いてある超高級料理店

 

電話したのは、
高級料理店、U。

 



銀座、六本木などにはじまり、横浜などにも店舗を構える、高級料理店である。

 



銀座のUにはあのT大統領とA首相が、お互いのファーストレディを交えて会食をしたぐらいの、まぁなんというか超高級料理店である。

 


一本200万とかいうワインもあるような、とんでもねー店ってことです。

 


そんなUに予約電話を入れます。




U担当者「U、A店(場所)でございます」

私「あの、すみません、◯月✖️日8名で、離れの特別室を予約したいのですが…」

 

 

 

 

 

U担当者「少々お待ちください…」

 


保留音が流れる

 

 

高級料理店の支配人登場


あとで聞いた話だが、ここで電話が支配人に代わったらしい。

いきなり支配人登場である。いいだろうか。

 

 




U支配人「お待たせいたしました。あいにくですが、その日は特別室のご予約は終日満席になっておりまして…

私「あ、そうなんですね…✖️日に毎年そちらの特別室で、お誕生日会をしているとの事で、残念です。では、△日でしたらいかがでしょう?」

 



U支配人「はい?………えっと…失礼ですがご予約のお名前よろしいでしょうか?」

私「T社のTです(頼まれた通りに答える)」



U支配人「あーー」

 

 


U支配人「……✖️日………ございます


私「はい?」

 


U支配人「席、ございます

私「………へ?あの…満席じゃないんすか?」

 

 


U支配人「お名前、先に言っていただかないと…ははは。お電話番号がいつもの方と違いましたので、申し訳ありません。」

私「……な、なるほど」

 

全てを悟った私

 



こういう高級料理店や、ホテルなんかは絶対にVIP席やVIP部屋というものを、突然のVIP来客のために常に確保してあるのだ。



一般人には滅多に開放される事はない場所がある

という事を知った。

 

 

 


いやはや、勉強になった。
こういう世界なのだ。こういう世界があるのだ。
暗黙の了。

 

 



たしかに、お付き合いしてた会長令嬢本人の、金銭感覚、品格、品性が一般人のそれとはズレまくってた記憶がある。

よくまぁ、付きあえたと思うし、さらに3年も付き合ってたなとは思う。






話はそれたけど、その電話応対…


露骨すぎるだろ…笑

f:id:yolo2019:20200128190558j:plain



おしまい